先週国勢の凍結が解除され、各地で合戦が発生しました。
自分のキャラは全部武田家なので、それを踏まえての所感です。

ちょっと長くなりますが、興味のある方のみご覧ください。
■合戦についての情報

■合戦参加日
2/26 16:00 ~ 20:00 / 21:00 ~ 25:00
2/27 16:00 ~ 20:00 / 21:00 ~ 25:00
2/28 21:00 ~ 25:00

以上の3日間、それ以外は仕事の関係で参加できず。

■戦略的要素(戦果の稼ぎ方)の変化
変更前はソロが取り付く「ゲリラ」が主流、先陣武将はまずこれ。
中陣以降の武将を倒さず、その周りのNPCをひたすら狩る「牧場」が形成された。

変更後は陣奪取後の武将(守将)の沸きが早くなり、継続戦果が復活した。
奪取された陣を素早く取り返す徒党の重要性がかなり増した感じ。
目まぐるしく変化する陣を、如何に味方陣で維持するかが重要になる。

維持するにはどうするか?ソロによる戦線の押し上げが必要。
兵種を駆使して相手PCを混乱させるのが最も有効となる。

■戦術的要素の変化
先述の通り変更前は「ゲリラ」が主流だったが、変更後は徒党が主流。
中陣以降は弱体無しで確実に落とせる徒党が必要不可欠になった。
先陣は火力重視の徒党構成が効率良さそう。
伏軍も放置していると相手の継続戦果になるので、徒党で片付けたい。

■合戦手柄と功名帳手柄のバランス
陣を奪取するための武将徒党は重要だけど、前線を押し上げるのはソロ。
自分も大筒兵になってソロで前線を押し上げた時があった。
その時対話で「ここから撃つといいよー」と教えてもらったり、情報は大事ですね。
後に大筒兵のエキスパートと判明し、知人の間で凄い凄いと話題になりました。
工作もできる限り参加してみたけど、積極的に工作をするエキスパートもいました。

ここで自分は上記参加日で武将徒党中心の行動。
大筒兵のエキスパート、工作のエキスパートをそれぞれ比べてみた。

自分は3日間で100000を少し超える程で合戦手柄26位。
大筒兵中心の人も工作中心の人も、合戦手柄20位以内にランクイン。
両方ともフル参戦に近いと思うけど、順位は工作中心の人が圧倒的に上でした。

ソロをやっている時に囮フラグ、自陣防衛フラグによる徒党止めもやってみたけど、それに見合ったポイントは全然少ないと感じた。
合戦地図を出して戦闘マークが付いている相手陣を片っ端から工作した方が、ポイントになる印象が強かったです。

■合戦の報酬について
問題になっていた検分は廃止され、合戦後に様々なアイテムと交換できるように変更された。
検分ポイント貯まったから終わりーではなく、合戦手柄を稼げば稼ぐほど上限はあるが交換可能に。

自分は報酬制度については賛成派です。
現実の合戦でも「検分」が行われ「論功行賞」があった。
それがモチベーションアップとなるわけだし、頑張った分の見返りは素直に嬉しい。

報酬の内容についても、神秘石・力の源だけではなく腰袋の継ぎ糸もある。
凍結解除後にはなんと、秀吉戦記の改装具まで実装された。
これにより拠点戦・秀吉戦記は過去のコンテンツとなってしまった。
特に今まで秀吉戦記の改装具と交換するために集めたアイテムがほぼ意味なしに。

自分としては成長要素以外にも、合戦手柄や功名帳手柄上位者しか交換できない改装具やアイテムがあってもいいかなぁと思った。
例えば合戦相手のPCは身分である「家老」「中老」しか表示されないけど、それを期間限定で特別な名称に変更できるアイテムとか・・・特別な所作ができるようになる巻物とか(上覧にはありますね)、合戦でしか手に入らない自己満足的なものとかでもいいんじゃないかなぁと。

■最後に感想や希望など
何ヶ月もユーザーにテストをさせて、ようやく再開された合戦。
陣取戦の時間が短くなり、目まぐるしく変化する陣。
戦果を上げれば上げるほど、見返りがある報酬。

武将徒党と工作の合戦手柄バランスはよくなっている一方、囮や自陣防衛などのポイントはまだまだ調整が必要だと思う。
フラグの調整が難しいとは思うけど、もう少し合戦手柄の方に上乗せしてもいいんじゃないかな?

あとこれはずーっと変わってないけど、イレギュラー的な要因を増やしてほしい。
陣の中にいる武将はずっとぼーっとしてるだけで何も動かないし、いきなり陣を飛び出して赤NPCみたいに襲い掛かってくるとか、「うわーこうくるか」「まさか!」みたいな感じがほしいです。
飛び出して空になった陣にレアな留守武将が沸くとかどうでしょうかね?

まだまだ書きたいことはありますが、今回はこの辺で。
開発陣もこれで終わりは思わず、常に微調整を行うくらいの意気込みで取り組んでほしいですね。