昨日は「強きもの」の2番目、荒神叢雲大蛇をやってきました。
結果は負けだったんだけど、気になったのは魅力です。

自分は土1015魅940のスペックでやってますが、条件が重なると釣りの30秒解除ができないことがある。
・4の蜘蛛の百雷を食らい呪詛が付いて2に釣られた時
・魔の昂りにより付与状態で2に釣られた時
・上記2つが重なった場合はほぼ絶望!

対策としては火力で2をさっさと倒すのが一番早い。
でも2を倒すと、3の羊と6の狸が魔の昂りアルゴになる。
3体倒すと1の大蛇が暴れ始め、叢雲の轟雷をぶっぱしてくる。

このことから、236をどういう順番で倒していくか?が多いと思う。

6から倒せば詠唱の韻・極が無いため、魔の昂りが来ても全体看破・弐1枚で済む。
リスクとしては6の生命が低くなると、妖怪波連打アルゴになるので、不変系技能の維持は必須。

2から倒せば釣りが無くなり、痺れ・沈黙が配布できるようになる。
リスクは詠唱の韻・極と魔の昂りが重なると、全体看破・弐が2枚必要。
詠唱の韻・極からの蘇生・壱が1と7にあるため、蘇生不可に頼る部分あり。

とまぁ、「強きもの」の2番目としては敵の構成がだるいですね。

そこで本題の魅力1000の常用ですが、6から行く作戦なら魅力高めの装備でやった方がいいです。
自分の軍神は言うのも恥ずかしいレベルですが、昔の大国主・田霧姫・邇邇芸のセットで土48魅50くらいです。
現存の軍神を魅力重視で育てれば魅100を超える情報もあるので、実用的な実装で土1000魅1000目指せる可能性は十分にあります。
あとはお金と力の源次第と言ったところでしょうかね。

2からいくのであれば属性重視で、土陰陽道であれば暗黒呪霧・参+全体看破・弐で魔の昂り対策をするのもいいかなぁと。
仙論なら凶方月破があるので、攻撃はしにくくなるけど対策はできそうです。
5のネズミが全体看破をかなりしてくるため、三九秘宿で魅力を上げるのもいいですが、七星反閇で火力を上げるも手です。

知人仙論の話だと、この先の土雷でも奔雷・六をやってきて同じようにになるので、魅力1000あった方がいいとのこと。
むうう、きびちい…でも頑張ろう!