神崎葵の生日記

信長の野望 Online ~覚醒の章~ 陰陽師メインのプレイ日記です!

鳳凰の章

陰陽道・殺陣・演舞で行く「大ふへん者」前田慶次

賤ヶ岳の戦いが実装されてから前田慶次は人気ありますねー。
最初は前田慶次のみ、後から松風が参加して2体なので、色んな構成でいけるのも楽しいボスでもあります。

今回は鎧刀密通に道陣演です。
陰陽道の奥義「万物化生」はかなり便利ですね。
消費気合が1/10になるので、森羅天翔・弐が連発できます。

殺陣は詠唱役だけど、吉祥と白刃で攻撃にも参加、「奮起」対策に炎呑丹なども用意するといいです。
看破2枚とか軍学の逆転があればいいけど、沈黙の霧もしてくるので備えあれば憂いなし。

演舞は四象のコントロールと「奮起」した後の快刀乱麻、神舞で槌効果を付ける役。
風の四象を下げておくと、逆に上げようとするので「祭」の頻度が低くなりますね。

Nol13040300
そしてお楽しみの脳筋っぷりですが、耐性を下げた森羅天翔・弐で16000くらい。
この時は五行相生が切れてるけど、あれば18000近く出ると思います。

Nol13040301
見にくいですが、神舞をした演舞の逆薙旋舞で13000くらい。
四象を360度回せばもう少し出ます。

Nol13040302
殺陣の白刃双破でも13000は出ます。
四象を回して神舞の槌との相乗効果が非常にいいです。
この3キャラで40000以上は叩きだせるので、生命分捕りが来ても楽に減らせますね

おまけ。
殺陣・演舞ツインズによる宿星~灼光w
Nol13040303
Nol13040304
Nol13040305

山崎の戦い「決死明智光秀」撃破!

お久しぶりの生です。
年が明けてからすっかり更新していませんでした
最近は陰陽道に戻って、また乱世の覚醒や恩賞奉行の覚醒を貯め込んでいます。

さてさて、今回は知人に誘われて山崎の戦いの最後「決死明智光秀」を演舞で挑戦しました。
陰陽道で行きたい!のは山々だけど、構成上かなり縛られるのがキツイですね。
相手の構成は、1光秀 2進士 3溝尾 4忍者 5陰陽師 6傾奇者 7僧。
とにかく耐性低下が酷くて、あっという間に術狩りされます。

演舞の立ち回りはアタをしつつ、全体看破と痺れ切りです。
とりあえず守護持ちの進士から削って、陰陽の準備術を痺れ切りで止める作戦。
進士の生命が半分を切ったら、僧の完全回復準備を必ず止め。
陰陽の星辰法は最悪放置して、準備になったら止めて付与の自然消滅を狙います。
進士が落ちたら即光秀が蘇生の秘薬を使うので、蘇生不可技能は必須ですね。

進士が落ちて蘇生不可にしたら、次は溝尾狙い。
溝尾は闘魂持ちの一掃手裏剣が怖いので、一気に倒さないと逆にピンチになります。

溝尾を落として2体減ると、光秀が沈黙の霧を多様するので、ここは後光菩薩で対処。
仮に沈黙の霧を食らって陰陽が星辰法を使っても、快刀乱麻で対処できるので冷静に。
相手の傾奇は激戦の謡・参を維持してくるので、物理アタは逆に利用するといいですね。

Nol130212001
何とか倒せました!報酬は「紅緋の神秘石」と「鈴蘭の指輪」。
ステは耐74魅28と盾鍛冶向きですが、反対ならば・・・と言うのは欲ですね。
演舞アタはかなりいいですが、責任重大でした!

メモ:四象がフラットの時、相手の傾奇は「旋風の舞」を使用して槌効果を付与します。
こちらが他の四象を上げると、向こうもそれに対応した舞を使用してきました。
土なら雷鼓の舞、水なら白霜の舞(ちと曖昧)、火は未確認。
来週できたら火で確認してみようと思います。

鳳凰の章までの陰陽道技能覚醒終了!

ゆっくり進めていた技能覚醒ですが、今日一気に3つ皆伝して全部終了しました。
鳳凰の章がサービスインしてから、「週刊かわら版」と合戦の「恩賞奉行の検分」で貰える覚醒ボーナスだけで上げた感じですね。

4つの技能を大体半年のペース…これからの目標をどうしようか考え中。
記念に画像も載せておきます。

続きを読む

陰陽道向きの家臣を考えてみる

最近は魅力重視になり、家臣の育て方も考えるようになってきました。
狩りとか週刊かわら版の「凶変の冥宮」や「九州三国志」では火力重視、長篠の戦いや合戦武将対人では魅力重視と分けている感じです。

12083000
まず火力重視の家臣、Lv60陰陽道ですね。
耐久力・知力10振り、土属性70回・生命力60回・知力20回訓練です。
うまく訓練できれば土属性640いきそう、他の属性はLv60で213。

12083001
魅力重視の家臣、Lv60古神典ですが特化はご自由に。
魅力10・耐久力8振り・知力1振り、魅力70回・土属性60回・生命力20回訓練です。
ポイントはやっぱり魅力680目指せるところ、あと神職は何気に土属性と風属性なら陰陽師と成長の伸びが一緒なので、魅力上げたい場合は適任だと思います。

この家臣は生命重視にしてませんが、成長過程の陰陽道であれば魅力・土属性・生命力をそれぞれ50回訓練するなど、調整するのもありですね。

陰陽道は高火力が売りなので、属性を上げてガッツリダメージを与えたいところですが、時代の流れと共に魅力が重要になってきています。上げたいステが知力・魅力・属性ときついですが、覚醒が育ってくれば知力はかなり上がるので頑張りましょう!

陰陽道の生産技能で、入魂とは別に属性のみ+20上げられる!とかあれば…と妄想しちゃったり、贅沢かもしれませんが、ボスによって魅力と属性を調節していく感じですかねー

鳳凰の章における陰陽道

陰陽道のメインウェポンである「森羅天翔・弐」の覚醒がようやくLv200に。
これでやっと威力Lv20・ウェイトLv4になったわけですが、この辺で鳳凰の章で追加された「陰陽道・八」の特化技能について感想を書いておこうと思います。


■森羅天翔・弐
森羅天翔の完全上位技能、やっぱり垂直に飛ぶ。
以下はとりあえず、個人的に目標にしたいところである攻撃力200の妖刀。
Lv65陰陽師の属性付与限界が+379なので+380として算出。

素の威力は約4000ダメージ
覚醒の威力Lv20皆伝で約1000アップ
錬星昇気法によるダメージ追加(例:攻撃200の妖刀で500アップ)
潜在能力「修羅」によるダメージ追加(例:属性付与+380で760アップ)
比和法によるダメージ追加(上記の算出ダメージに約10%上乗せで約626アップ)


大雑把な計算ですが、覚醒の威力Lv20皆伝で約6900ダメージ前後に。
開幕から7000近くの必中ダメージを叩き出せる火力は陰陽道の特権。


■反閇呪法・弐
反閇呪法の効果と30秒間レベル2付与にする、いわゆる「至り」効果付き。
「効果:中」と説明文だけを見ると、効果は据え置きと勘違いされやすい。
以前に修正が入った反閇呪法とは違って、修正前の増幅効果を取り戻している。


増幅効果は素の威力を1.8倍にする程度で、上記例だと4000x1.8=7200。
ここに覚醒威力、潜在修羅、錬星昇気法、比和法を含めると10000を超える計算。


使いどころは開幕遅めに使用(→霧散や看破を無効化)
沈黙の霧を多用する敵NPC前に使用(→これも無効化)
純粋に万単位のダメージをぶっ放したいとき(→これは脳筋化)

注意点として、敵が7体の強ボスではまずやる暇がない。
開幕以外は普通に森羅天翔・弐で削った方が無難。
詠唱や盾を倒して残り5体になって安定してから「そろそろしようかなー」な程度。

雅楽の「継続の唄・弐」と非常に相性がいい。


■比和法
鳳凰の章で加わった特化技能の中で最も重要なファクターになっている。
自身の属性値が対象の属性値を上回った場合、約10%ダメージが上乗せされる。
どこで10%上乗せされるかは、先述の森羅天翔・弐を参考に。


覚醒の内容も属性値Lv20に魅力Lv10と申し分ない。
特化技能枠の3つは呪禁法、呪禁法・弐、比和法固定でいいくらい。
この3つを皆伝させれば生命200、全属性60、魅力10上がることになる。


■七星反閇(奥義:待機2分)
反閇呪法・弐の増幅効果と、付与時間が終わるまで続くレベル2付与。
更には周天法の効果もある複合奥義、待機時間は破格の2分!
前のめりな術アタッカーとして追従を許さない、即効性抜群の奥義である。


とにかく待機時間が少ないため、2ターンで発動可能。
強ボス戦は勿体ぶらないで速攻で発動させることをお勧めします。
看破はもちろん、霧散も沈黙の霧も無効化。
更には反閇呪法・弐相当の増幅効果があるため、万単位でガンガン削っていけます。
強ボス戦では如何に早く敵の数を減らすかが重要なので、この奥義は非常に有効。
隠し覚醒はちょっと残念な知力Lv20、付与時間は早めに皆伝させたいところですね。

家臣バグ?

上覧終了後に武技ノックをしていたときの出来事。
家臣は足が遅いので、目的地に着いても家臣だけ遅れるんですよね。
なので一座NPCを貰ってから走りながら侍家臣を出す→目的地到着と同時に忍者家臣を出す。
これならその場で沸くから便利だなーと思ってたら、既に誘導中ってあれ?

Nol12042401
家臣2人とも誘導中になっちゃった!?記念にパシャリ。

Nol12042402
戦闘にも思いっきり参加してるうう!
面白くて何回かやっちゃったけど、バグだと思うのでやめておこう…。

プレミアム特典のLv50家臣用装備

ひょんなことから「家臣装備つよーいw」と一門で話題に。
あれ?すごく弱かったような…と思ったら公式に書いてあったw

Nol12033000
ふむふむ…Lv10用か50用の2パターンなのね。

Lv50になったら自分の城下町で家臣をタゲって使えばOK!

Nol12033001
試しに、とLv50になった生雷に使ってみたら…つよーい!
家臣武具販売特化の「道摩の里」城下町住民涙目ww

Nol12033002
ちなみに職業によって強さは決まっているらしく、侍だとこんな感じ。
頭174胴270ってPCの生産より全然上!
夏に職業・特化が解放されたら、このくらいの販売できるようになるのかな?

結構皆さんも忘れていると思うので、Lv50になったら是非使ってみましょー!

主従の絆効果で生命力が8500に!

Nol12032900
家臣の生雷がLv50になったので、主従の絆を更新したら生命8500超えました!
既に装備で赤帯になっちゃってますが…宝玉を生命・七と六にすれば更に上がりそう。
七星反閇の隠し覚醒が知力Lv20なのは残念だったけど、万物化生もまだまだ使えます。

Nol12032901
土属性も月紋で847に、比和法の属性はまだ着手してません。
ってことは…867以上は可能、土870目標ですかねー。
葛紋や腰袋によっては880超えられそう。
潜在の修羅も属性付与の200%じゃなくて、属性値そのものにしてくれればいいのに。


Nol12032902
そして家臣の生雷がLv50になったので、今度はこの精鋭ちゃんを育てようかなw
金髪の美人さん、PS3だと綺麗に映りますね
夏には家臣の職業と特化も解放されるらしいので楽しみです。

ナイス暴徒!

殺陣と演舞のアカウントも鳳凰の章にアップグレードしました!
城下町「道摩の里」家臣として登用したのは…

Nol12031400
やはりこれでしょう!何気にイケメンですww
フル腕力でもちろん鉄砲装備ですよ!

Nol12031401
露店を物色しに来た、某道摩住人の家臣とパシャリ。

~鳳凰の章~ 第一陣「桶狭間 天下人への道」サービスイン!

1ヵ月くらいの休止から復帰した生です。
いよいよ鳳凰の章がサービスインしましたね!
新技能の追加、城下町実装、そして秀吉戦記ストーリー。
新装備は…なし、プレミアムBOX目当てなのかこれは…w

さてさて、まずは新技能をぼちぼち…と、既に色んな方が紹介しているので説明不要だと思いますが!

Nol12031100
まず四維山水・弐、轟雷を超える火力にウエイトの短さ。
奇門遁甲は効果がない代わりに大ダメージを与える対象を1体選択できるように。
選択した対象がいなくなった場合は他の所にも飛ばないみたい。
ダメージのバラつきもなく、7体相手でも均等にダメージを出せます。
陰陽道の特化技能「比和法」で更に若干ダメージは上がってますね。

そしてメインの森羅天翔・弐は…やはり飛んで投げる玉が増えただけ!
ダメージは森羅天翔の威力Lv20をそのままシフトして、消費気合も据え置きの完全上位技能です。
威力を上げれば約1000ダメージ増える感じですかね、とりあえずウェイトを下げなければ…。
比和法込みで約700くらいダメージが増えて5700でした。

城下町は「道摩の里」に決定、これしかない!
皆さん、ぜひぜひ城ともになってください
早速他ワールドの方と交流もできたし、こう言うのは楽しいですね。


Nol12031101
家臣はと言うと…生雷が生まれました!
生命→土属性→魅力の順で上げていく予定。
この極端なステのおかげで槌の検証が色々できたので、後日また記事にしたいと思います。
頑張れ生雷!

仕官者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

神崎葵のプロフィール
最新コメント
記事検索
信Onりーだー
著作物利用規約
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ

(1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。または、(C)2003-2014 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

(2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
ブログランキング参加サイト
  • ライブドアブログ